マネックスG、コインチェックを完全子会社化

[東京 6日 ロイター]より

– マネックスグループ<8698.T>は6日、コインチェック(東京都渋谷区)の全株式を36億円で取得し、完全子会社化すると発表した。

コインチェックの新社長には、マネックスGの勝屋敏彦・取締役常務執行役が就任する。

巨額の仮想通貨流出で2度の行政処分を受けたコインチェックは、マネックスGの傘下で経営体制を立て直す。

6日午後4時から、都内で両社共同の記者会見を開く。

会見には、マネックスGの松本大社長と勝屋常務執行役、コインチェックの和田晃一良社長、大塚雄介取締役が出席する。

コインチェックは4月16日に臨時株主総会を開き、取締役と監査役を決める。

代表取締役には勝屋氏が就くほか、和田社長と大塚取締役は取締役を退き、執行役員に就任する予定。

コインチェックは、仮想通貨交換業者の登録制導入前から交換業を営んでいたことから、「みなし業者」として事業を行ってきた。

麻生太郎金融担当相は6日の閣議後の会見で、コインチェックの仮想通貨交換業者としての登録に関連して、実効性のある経営体制の確立が最大の問題だと述べた。

 

タイトルとURLをコピーしました